act.4 対岸の恋

株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、俳優・女優たちの共演をきっかけに恋は生まれるのかを追う恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい』の第4話を、2018年6月16日(土)よる11時より放送しました。

同番組は、お笑い芸人の渡辺直美さん、俳優の大野拓朗さん、福徳秀介さん(ジャルジャル)、タレントの谷まりあさんをスタジオMCに迎え、ネクストブレイク期待の若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマでの共演をきっかけに、本当の恋に落ちてしまうのかを追う恋愛リアリティーショー。全10回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に毎回用意されているキスシーンも演じていきます。企画・構成、番組内の恋愛ドラマの脚本を放送作家の鈴木おさむ氏が担当。ドラマ内に描かれている濃密なラブストーリーと様々なシチュエーションでのキスシーンは、「恋愛ドラマの作品として演じているのか?」「それとも恋心が生まれているのか?」視聴者たちもドキドキしてしまうような展開となっております。


■身を引こうとしたひめちゃんに、テジュ「次、男子から女子を選べるとしたら、迷わず姫野を選ぶ。」

6月16日(土)に放送された第4話では、女子が気になる男子を指名し密会デートをした様子が放送されました。もし、女子が同じ男子を指名した場合は、同時に複数でデートをするという残酷なルール。MC陣も緊張した様子で見守る一組目のカップルは、もはや恋人同士のようにお互いを想い合うテジュとひめちゃん。

 待ち合わせ場所で待つひめちゃんを見たテジュは「選んでくれてありがとう!」と大喜びで、ひめちゃんが作ったお弁当を食べたあと、観覧車に乗ることに。「私はテジュと組みたいけど、(テジュが本番に出るチャンスを広げるために)他の人と組むべきかもしれない」とひめちゃんが切ない思いを打ち明けると、テジュは「次、男子から女子を選べるとしたら、迷わず姫野を選ぶ。」と優しく否定。ひめちゃんへの揺るぎない想いを伝えました。

続いて、水族館でりぽぽが待っていたのは、初回に共にペアを組み主演に選ばれた、はっしー。りぽぽが「初めて誰かのために作った」と言いながら手作りのお弁当を差し出すと、はっしーは「初めて(女の子に)お弁当を作ってもらった」と嬉しい様子。前回、2回目の演技のペア決めではこめちゃんを指名したはっしーに、「3回目は誰を選ぶ?」とりぽぽが聞くと、「もう一回オーディション受かろう!」と、再度りぽぽを選ぶことを約束しました。


■渡辺直美「やめてあげてー!」と絶叫 男子1人を巡る三角関係 修羅場デート勃発!

うみちゃんが公園に呼び出したのは、共に前回の主役を勝ち取った相手、りゅうたろう。また、うみちゃんにとっては前回の本番でのりゅうたろうとのキスがファーストキスでもあります。久しぶりに会えたりゅうたろうと楽しく話をしているところに、同じくりゅうたろうを指名したこめちゃんも登場。思いを寄せるこめちゃんの登場に喜ぶりゅうたろうとは裏腹に、恋のライバルを目の当たりにしたこめちゃんとうみちゃんの間には、ただならぬ雰囲気が漂います。こめちゃんは「みんなでご飯を食べているときに、喋っていた感じから気になっていて、はっしーとりゅうたろうを迷っていた」と、りゅうたろうが自分に思いを寄せることは知らないながらも、初共演の相手のりゅうたろうに惹かれ始めている心境をカメラに明かしました。

3人の気まずいデートのなか、2人ずつ順番でボートに乗ることに。まずは、うみちゃんとボートに乗ったりゅうたろうは、「正直すぎる!」とMC陣が驚くほど心ここにあらずの様子。続いて、こめちゃんとボートに乗ったりゅうたろうは、こめちゃんの後ろに座り一緒にボートを漕ぐなど、明らかに先ほどとは違う様子で積極的にアピールしました。以前、りゅうたろうに「妹みたい」と言われたことを気にしていたこめちゃん。自分が恋愛対象として見られているのかをりゅうたろうに確認すると、「お姉ちゃんタイプか妹タイプかだと妹っぽいなと思っていただけ。次、誰と組みたいかといえば、こめちゃん」と、心境を告白し、最初に組んだときにこめちゃんが泣いていた姿が忘れられないと素直な気持ちを明かしました。

そんな2人の様子を見ていたうみちゃんは、お昼ご飯を食べ終えた後でりゅうたろうを呼び出し、「私は、キスする相手がりゅうたろうでよかったと思う。特に意味もなく誘ったわけじゃないんだよってことだけ」と、ストレートに思いをぶつけました。

密会デートを終え、次回ドラマのペア決めの日を迎えた8人。女子から気になる男子を指名するという今回のルールに基づき、最初に指名することになったうみちゃんはりゅうたろうを、ひめちゃんはテジュを、りぽぽははっしーを選び、こめちゃんはあがたとペアを組むことが決定。今回、誰とも密会デートが出来なかったあがたは、第一印象からずっと好きだったこめちゃんと念願のペアになれたことに喜びを隠せない様子で「周りのスタッフさんに引かれるぐらい頑張ります」と意気込みました。


渡辺さんらスタジオMCメンバーが「やめてあげてー!」と絶叫したほどの、こめちゃんとりゅうたろう、うみちゃんの三角関係デートは、見逃した番組をいつでも視聴できる「Abemaビデオ」にて、無料でご覧いただけます。両想いのテジュとひめちゃん、りぽぽとはっしーや、りゅうたろうを巡る三角関係など、リアルな恋愛模様が露呈してきた8人。次回はどんな恋愛ドラマに挑むのでしょうか!


6月23日(土)放送の第5話は緊急15分拡大スペシャルとなっております。ぜひ、ご覧ください。


■AbemaTV 『恋愛ドラマな恋がしたい』 放送概要

放送日時:毎週土曜よる11:00~11:30

放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル


AbemaTV公式YouTubeでも本編公開中

act.1 本気で演じたら、本当に好きになる?

https://youtu.be/eDcOVu_kV6I

act.2 幼馴染になってない!

https://youtu.be/AsXa-P8QCgI

act.3 キスで伝わる鼓動

https://youtu.be/4LWp7O1o6FI

act.4 対岸の恋

https://youtu.be/Qb0VCX9OuSI



MC:渡辺直美 大野拓朗 ジャルジャル・福徳秀介 谷まりあ  

出演者:縣豪紀・岡田龍太郎・川村海乃・テジュ・橋本 裕太・姫野佐和子・三秋里歩・米山穂香(50音順)

番組公式Instagram:https://www.instagram.com/dorakoi_abematv_official/

恋愛ドラマみたいな恋がしたい|AbemaTV

ネクストブレイクを期待される若手俳優の男女8人が恋愛ドラマを撮影しながら本当の恋をする。 撮影期間は3か月。各話の主役を演じられるのは、選ばれた男女一組だけ。 そして、台本には毎回キスシーンが―。 役を勝ち取るべく稽古を重ねるうちに、嫉妬・あさり・そして本当の恋心が芽生える・・・? そのキス本気?それとも演技? 撮影現場と、その外で繰り広げられる、恋と夢と青春の記録。

0コメント

  • 1000 / 1000